銀ぱち講演会No.2開催のお知らせ  

9/22(火・祝)に銀ぱち講演会No.2 「 養蜂場にくる生きものたちpart1ツバメ」を開催いたします。
みなさんは、銀座には昔ツバメがたくさんいたことをご存じでしょうか?春になるとやってくるツバメたち意外にその生態を知らない人も多いのではないでしょうか?

今年も銀座にツバメがやってきて2回の繁殖を終えて巣立っていきました。ツバメの子育てが始まると養蜂場の上空をツバメが飛び交います…ツバメはミツバチを食べている???ミツバチを飼っている側からすると複雑ですが、昨年ちょっと話題になった銀座のツバメ。人の近くでしたたかに生きるツバメについて知り、都市の中で繰り広げられる生きもの同士のつながりを考えるきっかけになればと企画しました。

講師は、銀座のツバメを観察して45年「銀座のツバメ」の著者の金子凱彦さん(都市鳥研究会)と昨年NHK「ダーウィンが来た!」でツバメの撮影を担当した写真家の佐藤信敏さんです。

佐藤さんの見たことがないツバメ映像も必見です!会場とZoom同時開催です。会場では、新型コロナ対策をして定員30名、Zoom参加は約90名まで!ご参加お待ちしております。

 
 

申し込みはこちら

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01f5uv116hjak.html

講座概要
〈日時〉2020年9月22日(火・祝) 
〈場所〉紙パルプ会館3F会議室 東京都中央区銀座3-9-11紙パルプ会館 
〈定員〉会場30名 Zoom約90名
〈参加費〉※参加費は事前決済になります。
・会場参加>
銀ぱち会員/都市鳥研究会会員/日本野鳥の会会員 1,000円
  一般 1,300円 
・オンライン参加> 1,000円 
〈チケット販売期間〉9月5日(土)~9月18日(金)8:30まで
〈プログラム〉 13:30受付開始 14:00講演会開始

講演内容:
・銀座のツバメの歴史・変遷について 都市鳥研究会 金子凱彦さん
・あっと驚くツバメの姿(映像で紹介) 
写真家 佐藤信敏さん
金子さん、佐藤さん、銀ぱち田中理事長とトークセッション
16:00終了予定

講師紹介
〇金子凱彦(かねこ よしひこ)さん
都市鳥研究会幹事、日本野鳥の会元東京支部幹事、日本鳥学会会員。
1945年生まれ。中央大学卒業後、銀座の出版社に2007年まで勤務する傍ら、職場周辺をフィールドに、都市に生きる鳥たちを長年観察してきた。特にツバメ、カラスは都市鳥の中でも存在感のある鳥として注目している。ツバメ歴は45年になる。
「科学朝日」1987年5月号「特集・生きものたちが見た都会」で「人間を利用して生きる新鳥類たち」を執筆。2010年、タウン誌「銀座百点」(銀座百店会発行)で元天声人語子の辰濃和男さんと「銀座のツバメ」を1年間連載する。2013年に「銀座のツバメ」(学芸みらい社)を出版する。

〇佐藤信敏(さとうのぶとし)さん
1957年神奈川県生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。凸版印刷株式会社写真部を経て独立。
本業のコマーシャル写真の傍ら野鳥写真に取り組む。
2007年NHKダーウィンが来た!生きもの新伝説「人が大好き!ツバメ」でハイスピード飛翔映像を担当。
2019年 NHKダーウィンが来た!生きもの新伝説「東京生きもの調査隊 春編
(2019/08/18放送)」でハイスピード飛翔映像を担当。
ツバメ撮影の第一人者。
共著に「ツバメのくるまち」(チャイルド本社)「田んぼの生きものたち ツバメ」(農文協)

【Zoomについて】Zoomとは複数人での同時参加が可能な「ビデオ・Web会議アプリケーション」です。今回はZoomウェビナーを使用してセミナー形式で行います。
※PCをご利用の方で、初めての方は「ミーティング用Zoomクライアント」のダウンロードしてください。(無料です)

https://zoom.us/download#client_4meeting

スマートフォンをご利用の方は「ZOOM Cloud Meetings」をインストールしてください。

Zoom参加の方は、チケット販売締切り後、講座開始までにZoomのURLをお送りします。
参加確認と後日視聴URL送信のため、Zoomウェビナーの登録をお願いします。

【会場へお越しの方へ】
会場では、スタッフ一同、新型コロナ感染防止の対策を行ってみなさまをお待ちしております。
☆会場へお越しの際は、マスクの着用をお願いします。
講演者はマウスシールドまたはマスクを着用してお話しますのでご了承ください。
会場では
・受付での手指の消毒
・検温の実施
・3密を避け座席の間隔をあけての着席
・会場の換気
・会場参加者の連絡先の把握(事前に氏名、連絡先をお伺いします。)