株式会社 十字屋 中村 千恵子 代表取締役社長 

日本で最初の西洋楽器販売店、十字屋の中村社長より

 
 

名称

銀座十字屋

住所

〒104-0061 東京都中央区銀座3-5-4 十字屋ビル8階

お問合せ

03-3561-5186

関連情報

十字屋は、創業してから100年以上に渡り、文化・音楽・情報を、銀座から流していきたいと心がけながら、銀座の街と共に歩んできました。昨年の2009年に135周年をむかえ、様々な形のイベントで皆様に音楽にふれて頂けたらと、色々な試みをさせて頂いています。

明治7年に私の曽祖父が、現・十字屋ビルがあるこの場所に、十字屋書誌という形で開業したのが十字屋の始まりです。宣教師の方たちが布教と同時に教育もしていきたいということで、当時は讃美歌の本やキリスト教の聖書などを扱っていたことが、十字架にまつわりる「十字屋」という屋号の由来です。西洋の音楽を普及させ、日本の音楽教育の発展に尽くしたいと、海外から楽器を輸入し、日本で初めての西洋楽器店となったのです。1955年にはハープ教室を始め、現在は十字屋ビルの8階でハープ&フルートサロンを、9階は皆様に文化や音楽を楽しんでいただく場として、十字屋ホールを運営しております。

銀座ミツバチプロジェクトは、以前から、世話人である田中さんと面識があり、お話は伺っており、不況の中、毎回明るいニュースとして銀座ミツバチプロジェクトの話題が出ていることに、とても嬉しく思いながら、応援しておりました。2007年6月に、王子ホールで開催された『オペラthe 銀座 ~銀ぱち物語~』は、とても素晴らしかったです。プロデューサーをされている榊原さんともお付き合いがあったので、「ぜひ十字屋ホールでも!」とお誘いさせて頂きました。十字屋では、毎年11月に「霜月音楽会」という、音楽とお話を楽しむ会を数日間に渡って開催しているので、2007年の霜月音楽会で銀ぱち物語をコンサート形式で再演して頂きました。音楽のみのコンサート形式である事がより親しみやすく、皆さんにもオペラとは違った形で「銀ぱち物語」を楽しんで頂けたと思います。また、2009年の3月には「のはらと花とミツバチと」と題して、空と大地をテーマにした歌や、銀ぱち物語から人気の曲のコンサートを榊原さんに開いて頂き、その中でアンリ・シャルパンティエの、はちみつマドレーヌをお出ししたりと、ミツバチプロジェクトを中心とした、コラボレーション・イベントを実現することが出来ました。このように、私にもプロジェクトにご協力出来ることがある事は、とても嬉しいですね。私は銀座が大好きなものですから、銀座を盛り上げているミツバチプロジェクトは、いつも気になるんです。またいつか、十字屋でコラボレーションのコンサートを開催したり、私に出来る形でご協力させて頂き、一緒に銀座を盛り上げていきたいと思っております。

他にも、十字屋では、各国のパープ奏者の方のハープコンサートはもとより、「講談」と「ハープ演奏」のコラボレーションや、オペラを一晩に一幕ずつ、四夜に渡って上演したりと様々なイベントを開催しております。皆さん、なかなかハープを聴かれる機会がなかったり、敷居が高いと感じられたりされることもあると思うので、水曜日のお昼には「ランチタイムコンサート」として、ハープを絡めたいろんな演奏のコンサートを無料で開催しており、時には世界のパープ奏者が演奏されることもあるので、ハープにふれるきっかけにもなり、たくさんの方にとても喜んで頂いております。また、小さなお子様と一緒にご家族でも楽しめる「親子で楽しむコンサート」なども開催しましたし、イベントの開催数は、すでに180回を超えました。やはり、みなさん置かれている環境はそれぞれ。それでも、何かきっかけになって、銀座だからこそ、音楽や文化に触れて楽しんで頂けたらと色々なことをさせて頂いています。みなさんも、ぜひ、ご参加ください。


----中村千恵子氏プロフィール-------------
(株)十字屋代表取締役。十字屋ホールでの各種イベントで銀座から音楽と文化を発信。元フジテレビアナウンサー中村江里子さんのお母様でもある。