2013/6/7 銀ぱちビール、「銀座ブラウン」販売開始!終了

※2014年度はこちら

2013年6月7日、銀ぱちビールこと銀座ブラウンがWeb通販にて販売開始されました。サッポロビールさんと2年がかりで銀座のミツバチから酵母を採って培養してできたビールです。ハチミツは入ってません。販売期間は三週間。お中元にぴったりですので売り切れる前に是非ご購入ください~^^
わくわくブルワリー

追伸:6/7 10:58今朝から発売のはずが500セット中既に200セット以上注文があるそうです。お早めに~><

期間:2013年06月07日~2013年06月28日
 

名称

銀座ミツバチプロジェクト

名称

サッポロビール

販売サイト

わくわくブルワリー

開発経緯
サッポロビールさんと銀座のつながりは、日本最初のビヤホール開設地であり、 長年にわたって本社所在地であったなど、長い歴史と深い縁があります。 今般の取り組みは街と自然との共生をかかげる「銀座ミツバチプロジェクト」の銀座の環境改善・緑化活動にサッポロさんが賛同し、2010年7月に東京農業大学 小玉健太郎客員教授の協力のもと「銀座ブラウン」の開発に着手しました。

初めは銀座はちみつから酵母探索
世の中に天然の酵母で発酵させたお酒「蜂蜜酒(ミード)」があることに着目し、まずはハチミツを標的に、ビール醸造に適した「蜂蜜酵母」探索を開始しました。しかし、、、「ビールに適した酵母がでてこない!」 ハチミツはミツバチが花の蜜を集めて巣の中で水分を発散させ、糖度を濃縮することが知られています。糖度が高くなったハチミツは微生物が生育しにくい環境で、思った以上に酵母の探索が難航しました。

☆作戦変更!「ハチミツ酵母」から「ミツバチ酵母へ」
そこで、作戦を変更し、ミツバチが自然界で花蜜を集めてきた際に体に付着する酵母に着目して探索を続けました。自然界に無数に生息する微生物から、ビール造りに適した酵母を見つけるのは、偶然といってもいいほどの確立。 空気や栄養など、様々に生育条件を変え、理想の「ミツバチ酵母」だけが育つ環境づくりで、探索を続ける日々。 そして、1年2か月後の2011年9月、ようやく理想の「ミツバチ酵母」を発見しました。

約2年の歳月を経て「銀座ブラウン」誕生!
酵母発見後、その種類確認実験やビール醸造の特性を調べる実験を行い、約2年の歳月を経て、「銀座ブラウン」が完成しました。